面接で持って行くものは?

ソープ求人の面接で持って行くものは?

ソープランドの求人に応募する際には、まずは応募するソープランドに面接の予約の電話をかけます。そこで「面接にはなにが必要か」ということをお店側が説明してくれます。

しかしときどき、「履歴書を持ってきて」ということを言わないソープ店もあります。けれども、履歴書はきちんともっていきましょう。どんなアルバイトの面接にも、履歴書は必要なものです。結構簡単に書いても大丈夫ですが、顔写真はしっかりと貼って持って行きましょう。

ちなみに「志望動機」なども、私がアルバイトをしていたソープ店の店長曰く、「簡単で良いよ」とのことでした。風俗嬢になる志望動機のほとんどはやはり「お金」でしょうし、あまりにも良い子過ぎることを書くと、きな臭くなるからでしょうか。

他には、運転免許証やパスポートなど、顔写真が入っている身分証明書が必要です。コピーをとられますけれど、なにか良くないことに利用されるようなことは聞いたことがありません。ですからやっぱり、信用を見る目的にて確認しているだけでしょう。

そして、風俗店の場合、履歴書や身分証明書の他に、「住民票を持ってきて」というところは結構ありますね。住民票でなければ、戸籍謄本ですとか。住民票は、履歴書や身分証明書と住所がちゃんと合っているかということを見る目的で、見せてもらっていると聞きました。

「身元がしっかりしているかどうか」ということでしょうね。しっかりと経営しているソープ店では、不法に滞在していたりするような女性は雇わないですからね。ですからこそ、住民票などにて、しっかりと確認するのでしょう。