お金・時間・質から見た大衆ソープランドの魅力

大衆ソープランドの魅力

ソープランドは大まかに3つに分類されます。高級店、大衆店、格安店の3つです。それぞれの値段設定の水準は地域によって異なりますが、時間あたり単価は大衆店と格安店ではあまり差がありません。

ただし、格安店は40分程度からと非常にショートな時間設定から料金体系が設けられています。一方、大衆店は60分程度から値段設定されていることが多いです。

高級ソープランドとなると、そもそも時間単価あたりで見ても他より群を抜いて高い上、最も短くても90分くらいからの時間設定となります。つまり気軽に行こうと思っても、時間単価が非常に高い上に長時間のコースでしか入れませんので財布の中身が一気に寂しいことになりかねません。

地域にもよりますが、10万円程度は用意しなければ高級ソープランドは楽しめなかったりします。もちろんその分サービスも女性の質も大変高いのですが、この不況の世、一般人にはあまりにハードルが高すぎます。

かといって、格安店となるとやはりサービス、質のどちらも水準を満たさない確率が高まります。年増のおデブが不愛想に相手をしてくるリスクがある上に、ソープランド独特のマットを含むサービスを受けるのに40分は短すぎます。

コストパフォーマンスを考慮すれば、ソープランドを確実に楽しむのには大衆店を選択するのが一番ではないでしょうか。全ての水準はそこそこですが、手の届く値段設定で満足感もそれなりに高いというのは安心できます。

なかには高級ソープランド所属だった女性が年齢が上がるにつれて大衆店にグループ間転籍をすることもありますが、その際は極上のサービスを割安に受けることになり、大変お得感があります。